くせ毛が急にあらわれた!なぜくせ毛が出てくるのかを徹底調査

生活お役立ち情報

あれ、私こんなところにくせ毛なんてあった?

鏡を見たとき、ハッとした時ありませんか?今までまったく気にしていなかったのに、いきなり現れたくせ毛。

このくせ毛のせいでヘアスタイルが決まらなくなった…。

私も年齢を重ねていきなりくせ毛が見つかったとき、ショックでした。念入りにブローをしても、うまくまとまらない…。そんなくせ毛の存在は、ストレスにもなってしまいますよね。

あなたのその悩みを目立たなく改善することは可能です!現状を理解して、対策すれば今よりもくせ毛を扱いやすくすることができますよ。

この記事ではくせ毛がなぜ急に発生するのか、くせ毛を少しでも改善する方法をご紹介しています。

子供のころは直毛だったのに急にくせ毛!その原因は?

赤ちゃんの頃のくるくるヘアはまさに天使みたいですよね

赤ちゃんの頃、子供の頃、大人になってから…と髪質が変わって戸惑った人は、決して少なくありません。

実はくせ毛になる理由に、先天的要因せんてんてきよういん後天的要因こうてんてきよういんの2つがあるのです。

先天的要因
(生まれつきの理由)
親・祖父母の遺伝が影響
後天的要因
(生まれた後の理由)
年齢による毛穴の形状変化・髪のダメージ・生活習慣・体質によるもの

あなたのくせ毛が先天的要因の遺伝が影響している場合は、残念ながら根本的に直すことは出来るとはいえません。

一方、後天的要因の場合は、くせ毛になった要因を見直せば、状態を改善して髪が扱いやすくなることは可能なんですよ。

まずは、どうして急にくせ毛になってしまうのか理解していきましょう。あなたのくせ毛を理解することで、最短距離で悩みを解決できるヒントが見つかるかもしれませんよ♪

くせ毛は顕性遺伝!だから影響を受けやすい

一般的に子供は親の髪質によって、高い確率でくせ毛になると言われています。また両親が直毛でも、祖父母がくせ毛の人がいれば「隔世かくせい遺伝」でくせ毛が発生する可能性も。

反対に遺伝の影響を受けて、途中でくせ毛から直毛になる人もいます。

だから、「年を重ねたら、くせ毛が直るのか」と聞かれても、人によるので明言できないのです。

くせ毛は顕性けんせい(優性)遺伝、直毛は潜性せんせい(劣性)遺伝と言われています。簡単にいうと、くせ毛は親から引き継ぐ可能性が高い遺伝子ということ。

親の髪質子のくせ毛の遺伝率
くせ毛 × くせ毛90%
くせ毛 × 直毛70%以上

くせ毛が顕性遺伝である理由は、人類が生き残るために直毛よりもくせ毛のほうが体温を保ちやすいことや、紫外線から皮膚を保護しやすいからと言われています。

つまり、人類は生まれつき直毛の人よりもくせ毛の人が圧倒的に多い。くせ毛は遺伝上、個性として強く出やすいものなんですね!

※「優性遺伝・劣性遺伝」という用語は、誤解・偏見を招く恐れがあるため、2021年度の中学理科用語の一斉変更「優性⇒顕性、劣性⇒潜性」に準じて併記しています。

赤ちゃんの時、急にくせ毛になるのは生え変わりが影響

子供の髪質が、親や祖父母の遺伝を受け継いでくせ毛になりやすいことはわかったけど…。

赤ちゃんが生まれた時はやわらかくてフワフワの毛だったのに、ある頃を境目にカーリーヘアーが…。それはそれでカワイイけど、いきなり髪質が変わるのはなんで…?

これは、髪の生え変わりが影響してるのです。

実は生まれたての赤ちゃんの髪の毛は「産毛」。だから、細くてやわらかいのです。

その産毛から、生後約3か月~1歳位までに産毛から完全に生え変わり、私たちのようなハリのある髪質に少しずつ近づきます。

このような生え変わりは3歳頃まで何度も繰り返されます。だから、子供が3歳になる頃には赤ちゃんの時期とはちがう髪質になることは、よくある話なのです。 

高校生になって急にくせ毛!?思春期のホルモンの働き

久しぶりに髪を伸ばしたら、うねってる…なぜだ…

思春期は髪型に人一倍気をつかうお年頃…そんな時期に、いきなりくせ毛が現れたら、発狂したくなる人もいるかもしれません。

そんな中『一度坊主(バッサリ髪を短く)にしたら髪質変わる』なんて噂を聞いて、髪型を変えようとしている人いませんか?

断言します。坊主(もしくは髪を短く)にしても、そのくせ毛は治りません!

思春期を迎えると体とともに頭蓋骨の成長も落ちつくので、毛穴や毛根の形の変化も止まります。そのタイミングで髪質がしっかりして、髪が太く濃く育つようになります。

ここで、親の遺伝ホルモンバランスの影響を受けた髪が目立って現れてくるようになるのです。

一部には「髪を短くしたり、坊主にして髪質が変わった」という人もいますが、それは下記のような理由が原因でしょう。

  • 髪質が落ちつく前後で髪を短くしたから、変わった(と感じている)。
  • 長い髪の重さで直毛のように伸びていた。

髪を坊主にしても、根本的な毛根や毛穴の形は変わりません。だから、根本的に髪質は変わることはないのです。

40代になって急にくせ毛が増えるのは、さまざまな理由が

40代に近づいてから、何だか髪がゴワゴワする…

白髪やくせ毛、パサつきが増したり、明らかに髪の手触りが変わった…。40代になってから、髪の悩みが一気に増えた人も多いのではないでしょうか?

健やかな髪は男女問わず「女性ホルモン」が成長を促してくれます。

加齢にともなう髪質の変化は「女性ホルモンの減少」が影響します。女性ホルモンは30代をピークに減少し、特に40代半ばから更年期に入り一気に減少。これがくせ毛の後天的要因となります。

また、30~40代は最も働き盛り世代。家庭・子育て・仕事など、あらゆるストレスや生活習慣の乱れにより、髪に効果的な栄養が不足しがちになります。

加齢によるくせ毛悪化のあゆみ
  • 30代
    子育て・家事・仕事 ストレス増大⇒生活習慣の乱れ

    栄養不足は、髪質を変える大きな原因に…

  • 40代前半
    白髪が増え、白髪染めの頻度が増えていく⇒薬剤の頭皮・髪のダメージ大

    美容師推奨:1~2か月/回 

  • 45歳~55歳頃
    更年期到来⇒女性ホルモンが激減!

    成長・栄養が不足し、さらに髪質はゴワゴワへ…

加齢による女性ホルモンの減少とストレスが更なるくせ毛に加え、傷みやすい髪を生み出してしまうのです。

くせ毛が急に治ることはある?

くせ毛が急にできた場合でも、残念ながら先天的要因のくせ毛の場合は、根本的には治りません。

くせ毛の原因が毛根や毛穴の形状なので治す方法がないのです。

しかし、くせ毛の原因が

  • ダイエットや、不摂生による栄養不足
  • 女性ホルモン不足
  • 睡眠不足による疲労

などといった体調・環境変化を改善することができる場合は、くせ毛の症状を抑え、良質な髪を生み出すことは可能です。

早速、今日からくせ毛に良い改善方法を取り入れてみましょう♪

髪に良い栄養を摂取しよう

きれいな髪に必要な栄養素は3つ。あなたの今の食事は、これらが足りていますか?

  1. たんぱく質:髪を構成している
  2. 亜鉛:美髪をつくる
  3. ビタミン(A・B群・C・E):髪や地肌・体の健康に必要

たんぱく質髪の8割を構成する「ケラチン」は18種のアミノ酸を含んだたんぱく質。枝毛予防のほか、髪のハリ・ツヤにも効果的

亜鉛新しい細胞を作り出す栄養素。亜鉛を摂取すると抗酸化作用や育毛効果・抜け毛防止など、地肌のコンディションの改善に役立ちます。

ビタミン類髪や地肌の新陳代謝や発毛促進だけでなく、良質なたんぱく質と結びつくのに必要なビタミン。しっかり摂取できれば、ストレスや疲労回復にも大きく効果あり。

これら3つの栄養素を意識的に摂取することで、加齢やストレスに負けない美髪を生み出すことができます。

たんぱく質 + 亜鉛 + ビタミン類を意識的に摂取

女性ホルモンを補おう

良質な髪には「女性ホルモン」が欠かせません。しかし、先にお伝えしたとおり、加齢によって女性ホルモンは30歳をピークに減少してしまいます。

女性ホルモンの中でも女性は卵巣から分泌しているエストロゲンが、ハリ・コシのある髪には必須。

このエストロゲンは男性ホルモンによる抜け毛を防ぐ効果があるので、何とかして女性ホルモンを補充したいもの…。

しかし更年期障害の治療として女性ホルモンを補充する治療はありますが、良質な髪のために治療を行うことは現実的ではありません。

そこでエストロゲンに似た働きの「イソフラボン」の摂取がおススメ!

皆さんも聞いたことがある有名な「大豆イソフラボン」。大豆食品にはこの大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、積極的に普段の食事に取り入れていきましょう。

大豆イソフラボンを摂取して、女性ホルモンを補充

睡眠不足を解消しよう

あなたは1日どれくらい睡眠時間を確保していますか。ついつい夜更かししちゃっていませんか?

実は睡眠時間こそ、ダメージに負けない良質な髪づくりに必要!

入眠~約3時間の間に髪や肌の回復に必要なホルモンが一番分泌されるのです。「寝るだけ」だから、手軽にタダでできちゃう美容法ですよね。

また、良質な睡眠は深い眠りと浅い眠りが1セットの90分サイクルとも言われます。ベストは6~8時間睡眠ですが、時間の調整が難しい場合は90分×倍数の睡眠時間を確保するように心がけましょう。

① 入眠~3時間がポイント!髪や肌の回復に必要なホルモンを分泌させる

② 90分×倍数の睡眠時間を確保

急にくせ毛がひどくなった!今あなたが出来ることは?

くせ毛は根本的に治らないのはわかった…それでも、このくせ毛をすぐに何とかしたい!

今すぐどうにかしたいのであれば、下記のような

  • くせ毛を活かしたパーマ
  • ストレートパーマ
  • 縮毛矯正

パーマを美容院で施術してもらうことが、最短でできる改善方法でしょう。

いきなりパーマなんて無理!という人は、髪を傷めるのを防ぐことから始めてみませんか?髪のダメージを抑えられると、くせ毛のボリュームを落ちつかせることができますよ。

頭皮の血行を良くするブラッシング

朝起きた時、お風呂に入る前、ブローする前、あなたはブラッシングをしますか?

まだしていないのなら、今日から始めてみましょう!

ブラッシングは、髪の絡まりを解いて髪の汚れや、頭皮の汚れを落としやすくするだけでなく、頭皮の血行を良くするマッサージ効果もあります。

くせ毛のある頭皮には頭皮をマッサージするだけで、健やかな髪に必要な血行や栄養が行き届きやすくなります。

ブラッシングの基本は、乾いた髪で解く。毛先 ⇒ 中間部分 ⇒ 頭皮側とブラッシング。髪の絡まりがある場合は、無理やりではなく少しずつ優しく解いていきましょう。

お風呂からあがったら、すぐ髪を乾かす

お風呂から上がったあとは、ホッと一息ついてゆっくりしがち。

しかし!くせ毛のあなたは早めに髪を乾かすようにしましょう。濡れた状態の髪は傷みやすく、うねりも強くでます。このまま濡れた髪を放置することは必要以上に髪の水分が蒸発してしまいます。

また頭皮が濡れたままも不衛生。フケやかゆみの原因になってしまいますよ!

お風呂から上がった後は、優しくタオルドライして手早くドライヤーを使っていきましょう。

早く乾かしたいからって、ドライヤーを髪に近づけるのは絶対NG!ドライヤーの熱で髪にダメージができてしまいます。

髪とドライヤーを20cmくらい離して、ドライヤーを左右に振りながら広範囲を乾かしていきましょう。

ヘアオイルは髪を乾かす前に

近頃、ヘアケアの1つとしてヘアオイルも一般的になりました。

このヘアオイルはタオルドライ後の髪に使用します。少量を手に広げて髪になじませてブロー。

オイルで髪をコーティングして乾かしているので、いつもよりも髪の水分量が保たれ、ブローだけでもくせが伸ばしやすくなりますよ。いつもよりも手触りもなめらかに♪

多くつけすぎてしまうと、テカテカの髪になってしまうので注意!

まとめ

今回はくせ毛がなぜ急に発生するのか、くせ毛を少しでも改善する方法をご紹介しました。

  • 子供のころは直毛だったのに急にくせ毛!先天的と後天的要因が影響
     先天的要因:顕性けんせい(優性)遺伝
     後天的要因:加齢による体質変化
  • くせ毛が急に治ることは…まずない!
  • 急にくせ毛がひどくなった、今あなたに出来ることはこれ以上髪を傷めないこと

くせ毛が気になるあなたも、今日から始められるコツがいくつもありましたよね。

くせ毛に気付いた当初はショックだったかもしれません。遺伝だから、治せないし、今までが直毛だったら特に、扱い方が異なってくるのですから。

しかし、くせ毛も一つの個性。直毛だけが美のスタンダードではありません。

お肌のケアと同じように丁寧なケアや、健康な生活習慣を心掛けて美髪を育てていけば、くせ毛はあなたの新たなチャームポイントとして輝くこともできます。

どうか、あなたの新たな魅力としてくせ毛を活かしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました