Amazonで受け取りスポットの設定ができない!どうして?に答えます

生活お役立ち情報

Amazonで注文した商品を受け取りスポット設定ができない!どうして?」

ついでに受け取りたかったのに、なんでできないんだろう…と悩んだりしたことってありますよね?

Amazonで注文した商品の受け取りスポット設定ができないのはなぜなんだろう、と悩まないように設定ができない理由と商品について調べてみました。

この記事を見ないで注文していくと、この先もずっと「なぜ設定できない?」「どうして?」と悩み続けてしまうかも。

そんな風にモヤモヤと悩んだりしないためにも、この記事を読んで「そうだったんだ」と理解できるとAmazonでスムーズに受け取り設定ができるようになるでしょう。

Amazonでの買い物をスムーズにできるように、この記事をぜひ参考にしてみてください。

 

 

Amazonで受け取りスポットの設定ができる条件とは

荷物の受け渡しのイラスト

Amazonでは商品の受け取りスポットを設定できるサービスがありますが、Amazonの全商品が受け取りスポットの設定が可能というわけではなく、条件があります。

受け取りスポットの設定ができる条件の一つとして、「AmazonもしくはAmazonFBAからの発送となる商品である」ということです。

Amazonマーケットプレイス出品者の商品に関しては、受け取りスポットの設定ができない商品となります。

 

 

Amazonで受け取りスポット設定ができない商品は7種類

ボックスの無料ベクター画像

それでは、受け取りスポットの設定ができない商品について詳しく説明していきます!Amazonでの購入の際の参考にしてくださいね♪

AmazonやAmazonFBAからの発送商品であっても、以下の商品に関しては受け取りスポットの設定ができない商品となります。

  • 定期おトク便で注文する商品
  • 日時指定やお急ぎ便で注文する商品
  • 30万円以上の高額な商品
  • サイズが大きい商品もしくは重量のある商品
  • 危険物に該当する商品
  • パントリー・プライム・ワードローブ商品
  • 入荷時期が未定もしくは一時的に在庫が切れている商品

まず「定期おトク便」は、Amazonで注文する商品の中には、洗剤やトイレットペーパーなどの日用品を定期便にすることで通常よりもお得に購入できる方法です。

「定期おトク便」は発送のサイクル指定はできますが、受け取りスポットの設定はできないため自宅での受け取りとなります。

また、Amazon商品の受け取りに追加料金を支払って日時指定やお急ぎ便を設定した場合も、受け取りスポットの設定はできません。

商品の大きさや重量については、Amazonで注文する商品の3辺の合計が80㎝を超えてしまう大きさの商品や、1つの商品の重さが10kgを超える場合には、受け取りスポットの設定ができません。

ただし、1個当たりの重さが5kgの違う商品を2個注文した場合には、受け取りスポットの設定ができるようです。

じゃあ、危険物に関しての指定はどうなっているの?

Amazonで危険物として規制されている商品に関しては、Amazon公式サイトではこのように定義しています。

危険物とは、成分中に可燃性、腐食性物質や加圧された物質、あるいは人体に健康被害を与えるおそれのある物質が含まれるため、商品保管時や取り扱い、また輸送時に危険を及ぼす可能性があるものを指します。
Amazonは、健康上および安全上の潜在的な危険を防ぐため、Amazonで販売されるすべての商品に関する危険物情報を収集しています。

引用:Amazon危険物確認ガイド

日常的に使うものであっても危険物として扱われる商品もありましたので、一度チェックしておくと良いでしょう。

 

 

Amazonで受け取りスポット設定できる商品の確認方法

黒のラップトップ コンピューターに眼鏡をかけている茶色と白の長いコーティングされた小型犬

「Amazonで注文した商品の受け取りスポット設定したいんだけどな」と思っていても、Amazonの商品ページには利用できる受け取り方法の記載がありませんよね。

受け取りスポットの設定ができない商品に関しては、前述したようにいろいろな条件があります。

「注文したい商品が設定できるのかわからないよ」という場合には、一度カートに入れて確認してみるのが良いでしょう。

まずは、注文したい商品をカートに入れて「レジに進む」をクリックしてください。

お届け先住所の選択画面で「受け取りスポットにもお届けできます」の表示が出ていれば、指定のコンビニやヤマト運輸での受け取りが可能となります。

受け取りスポットの指定をするには、「近くの受け取りスポットを探す」をクリックしましょう。

入力画面になるので郵便番号もしくは住所を入力、複数スポットが出てくるので希望のスポットを選択してください。

お届け先住所の選択画面で受け取りスポット選択の表示のなければ、受け取りスポット選択ができない商品ということです。

上記の場合は「定期おトク便」での購入になっているため、受け取りスポットを選択できないことが分かります。

複数の商品をカートに入れている場合は、その内の一つでも受け取りスポット選択不可の商品があると選択はできないようです。

この場合は、受け取りスポット選択のできない商品をキャンセルするとできるようになります。

 

 

Amazonで受け取りスポットが設定できるコンビニはどこ?

Amazonで注文した商品を自宅以外で受け取りスポットとして設定できるのがコンビニです。

ですが、すべてのコンビニでの受け取りができる訳ではありません

受け取りスポットとして設定できるコンビニは「ローソン」「ファミリーマート」「ミニストップ」の3社となりますので、注意してください。

 

ファミリーマートまたはローソンで受けとるには

注文した商品をファミリーマートまたはローソンで受け取るには、コンビニへ注文した商品が到着した際に送られてくるメールの中にバーコードが記載されています。

受け取ったバーコードを見せるだけで受け取り可能となります。

携帯のバーコードが表示されている画面を見せても良いですし、表示されているバーコード画面を印刷したものを持っていくのも大丈夫です。

 

ミニストップで受け取るには

注文した商品をミニストップで受け取るには、到着した時に送られてくるメールにバーコードの記載がないので、ファミリーマートやローソンと同じような受け取りはできません

送られてくるメールにバーコードの記載はないですが、「認証キー」というものがあり、ミニストップ店内にある専用の端末機を使います。

認証キー」とは、「お問い合わせ番号」および「認証番号」この2つで構成されているので、その番号を専用端末に入力し発行した紙を見せれば受け取りが出来ます。

また、コンビニ以外で受け取れるスポットとして設定できる「ヤマト運輸営業所」の場合は、お問い合わせ番号と本人と確認できる書類が必要となりますので忘れず持っていきましょう。

 

 

Amazonで受け取りスポット設定後のコンビニ受け取り期限は?

Amazonで注文した商品のコンビニでの受け取り期限は、Amazonから送信される「商品到着メールを受信した日を含めて7日間」となっています。

コンビニで受け取れる期限を過ぎてしまうとキャンセルとして扱われてしまい、商品が返送されてしまうので受け取り期限に注意してください。

商品の受け取り期限を過ぎてしまうことが何度も起こってしまうと、コンビニでの受け取りができなくなってしまう恐れがあるため、忘れず期限内に取りに行くようにしましょう。

私もうっかり忘れてしまうこともあるので、気を付けて忘れず受け取りに行かないとダメですね。

 

 

Amazonの受け取りスポット設定をした時に手数料はかかる?

コンビニ払いのイラスト

Amazonでの受け取りスポット選択という配送オプションは、コンビニやヤマト運輸での受け取りができるのでとても便利ですよね。

でも「手数料が掛かるんじゃないの?」と心配になる方もいるはず。

でも、ご安心ください。コンビニでもヤマト運輸での受け取りでも手数料は掛かりません

 

 

Amazonの受け取りスポットでの支払い方法は5種類

いろいろな支払い方法のマーク

Amazonで受け取りスポット選択をした時の支払い方法もどんな方法があるのかも気になるところですよね。

5つの方法で支払い選択ができるようになっています。

  • クレジット払い
  • 携帯での決済
  • amazonギフト券
  • ネットバンキング・コンビニ払い・電子マネー・ATM
  • 代金引換

クレジット払いやamazonギフト券、携帯決済での支払いは即時決済となります。

その他の支払いタイミングについても詳しく説明していきますね。

 

前払い方法

前払いとなる支払い方法には、ネットバンキング・コンビニ払い・ATMや電子マネーとなります。

  1. 商品注文
  2. 注文の確定後、お支払番号通知のお知らせメールが届く
  3. 支払い番号通知のお知らせメール内にある「お支払方法別手順」ページに記載されているURLをクリック
  4. 希望の支払い方法を選択
  5. 支払期限までに支払い
  6. 支払い確認後、商品到着予定日に合わせて出荷
  7. 発送確認メールに記載されている到着予定日を確認して希望の受け取りスポットにて商品の受け取り

以上が、Amazonでの注文から受け取るまでの流れとなっています。ちなみにコンビニ払いと電子マネーでの支払いに手数料は掛かりません。

ネットバンキングとATM払いについては手数料が掛かるので、各金融機関に問い合わせるようにしましょう。

 

代金引換方法

Amazonで注文した商品を受け取りスポットで指定したコンビニで受け取る際に、支払いも行いたい時に代金引換となります。

代金引換での支払いは、配送オプションに応じて手数料が掛かります。

  • できる限り商品をまとめて発送 … 荷物の数にかかわらず一律330円(税込)
  • 準備完了した商品から順番に発送 … 荷物の数、商品の数に関わらず注文した商品1個につき手数料330円(税込)

1個の荷物の中に複数注文した商品が同梱されていても、商品1個につき手数料330円(税込)が掛かるので、注意が必要です。

 

 

Amazonで受け取りスポットを初めて設定する方へのお得情報

amazonでは、「受け取りスポットを初めて設定する方に300円OFF」のキャンペーンを10月11日23時59分までしているようです。

amazonで受け取りスポットを初めての設定をした方で、2000円以上の買い物をすると300円OFFとなります。

お一人様につき1回限りとなっているので、注意してくださいね。

対象の商品はAmazon.co.jpが販売している商品のみで、デジタルコンテンツは適用されません。

ただし、クーポンの限定数が6,000本となっていて、限定数に到達した場合は期間内でも終了となるので早めのご利用をお勧めします。

 

 

Amazonで注文した商品にクーポンが使えない原因5つ

さて、Amazonではクーポンが最初から商品についていて割引されたり、様々なキャンペーンに参加して貰えるクーポンなどがあり、そのクーポンを使ってお得に買い物ができますよね。

Amazonでは「指定された金額分の割引が適用」「特定の割引率での適用」のクーポンがあり、数字とアルファベットによる組み合わせで構成されていて、商品を購入する際に入力して使用します。

しかし、何回も正しく番号を入力しても適用できないことがあり、原因として5つ紹介します。

 

クーポンの有効期限が切れている

Amazonで発行されるクーポンには、有効期限が必ず設定されているので、期限が切れているクーポンを使うことはできません。

正しく番号を入力していても適用できないのであれば、クーポンの有効期限を確認してみてください。

キャンペーンにより、発行されるクーポンの有効期限は違うので、クーポンを入手したら次回の注文の時に使うようにしていく習慣にしてみるのも良いですね。

 

支払い方法が携帯での決済を選択

クーポンを使った時の決済方法は基本どの方法でも良いのですが、携帯での決済方法での利用はできなくなっています。

携帯決済をご利用の場合、クーポンが使えるキャンペーンと使えないキャンペーンがあります。クーポンコードを入力したり、「クーポンをもらう」ボタンをクリックしたりして割引を適用させるタイプのキャンペーンでは、携帯決済をお支払い方法に指定すると、割引が適用されません。その場合は、他のお支払い方法を選択してください。

引用 Amazonカスタマーサービス

amazonの公式ページにもあるように、携帯での決済方法では適用できないので支払い方法を確認してみましょう。

 

注文する商品がマーケットプレイスである

Amazonで販売されている商品の中には、Amazonが販売・管理をしていないマーケットプレイスというAmazonではない第三者によって販売されている商品があります。

Amazonで管理している商品ではない場合はクーポンの適用はできないので、商品の出品者を確認してマーケットプレイスの商品なのか調べてみましょう。

 

クーポンの使用条件が合っていない

クーポンを使用する際に注意してほしいのが、使用するクーポンに条件が設定されているものもあるので、条件を満たせていない場合には適用できません。

  • Amazonでの注文が初めての方
  • お一人様1回限りでの利用
  • 買物の金額が1000円以上での注文で利用可能

などの条件がクーポンを使用する際に設定されていることがあり、使おうと思っているクーポンにはどんな条件があるのかをしっかり確認してください。

 

Amazonのシステムエラー

これまでに挙げてきた原因はクリアしているけれど適用できない…このような場合にはAmazon側のシステムのエラーという可能性があるかもしれません。

このような時にはAmazonのお客様サポートへ問い合わせを行ってください

ユーザーファーストの精神を掲げて運営をしているAmazonなので、システムエラーが原因でクーポンの適用が出来なかった場合に多めのクーポンをお詫びとしてもらえるかも?

 

 

まとめ

茶色のギフトボックスを見せる人

  • Amazonで受け取りスポットを選択できない商品は7種類ある
  • 受け取りスポットの指定が可能かどうかは、一度カートへ入れてみると確認しやすい
  • 受け取りスポットとして設定できるコンビニはローソン・ファミリーマート・ミニストップの3つ
  • Amazonで注文した商品のコンビニでの受け取り期限は、Amazonから送信される商品到着メールを受信した日を含めて7日間
  • Amazonでの受け取りスポット選択に対しての手数料はかからない
  • Amazonで受け取りスポットを選択したときの支払い方法は5種類。ネットバンキングとATM払い、代引引換は手数料がかかる
  • Amazonの注文でクーポンが使えない場合は、クーポンの期限や使用条件、決済方法や購入元を確認しよう

Amazon商品を受け取りスポット選択して注文したい時には、設定できる条件が色々とあるんだということですね。

都合に合わせて受け取る場所を選べるのはとても便利ですが、受け取りスポット選択ができる条件をしっかりと把握して、便利に活用していきましょう。

そして、Amazonの商品は基本的に安いのですが、様々なキャンペーンに参加してクーポンを手に入れることによって更にお得に買い物できますね。

クーポンを使用する際には、条件をしっかりと把握して活用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました