Instagramで生年月日の入力は必要?入力間違えの対処方法について

生活お役立ち情報

皆さんは代表的なSNSの一つでもあるといえる、Instagramを利用されていますか?

以前から使ってる方もいれば、新たに使い始めてみようかなと思っている方もいらっしゃるかと思います。

私は、以前友達に勧められてInstagramのアカウントを作成したものの、あまり利用せず放置してしまっていました。

久しぶりにInstagramを起動してみると、生年月日の入力を求められてビックリしました。

最近は、若年者の安全確保のためにInstagramでも対策しているんだなぁと思いながら入力していました。

そんな、生年月日入力の必要性と間違えて入力してしまった時の対処方法についてご紹介していきます。

 

 

Instagramで生年月日の登録は必要?

代表的なSNSの一つでもあるといえるInstagram。皆さんも活用されている方が多いのではないかと思います。

そんなInstagramですが、生年月日の入力が必須になっていることをご存じでしたか?

Instagramでは、2019年12月よりアカウントの登録時に生年月日の入力が必要となりました。

これは犯罪防止を目的としており、ほとんどの国で13歳未満の子どもにInstagramのアカウント作成を禁止しているためです。

また、生年月日を入力することによって、年齢に合わせたサービスや安全なコンテンツを提供するといった狙いもあります。

例えば、20歳以下で登録しているアカウントに対してはアルコールやタバコなど法律で禁止されている商品の広告は表示されないようになっています。

その他にも、若年ユーザーを保護することを目的に、16歳未満が新規でアカウントを作成するとデフォルトで非公開設定になります。

また、フォローしていない18歳未満のユーザーに対して成人がダイレクトメールを送れないよう設定したりできます。

 

 

Instagramの生年月日入力は義務化されている!

2019年12月以前からアカウントを持っているユーザーは、これまでは生年月日の登録がなくても問題なく利用することができていました。

しかし、現在は、若年ユーザーがより安全にInstagramを利用できるようにするため、全ユーザーに生年月日入力が義務化されました。

具体的には、2019年12月以前からアカウントを持っているユーザーで、生年月日登録をまだしていない場合、アプリを起動すると生年月日を追加という画面が表示されます。

生年月日を登録するまでは、他のユーザーの投稿やストーリーを見ることができません。利用には生年月日入力が必須となっています。

 

 

Instagramの生年月日に嘘を入力できる?

ここまで読んでいただいた方の中で、特に18歳未満の方は使用に制限がかかってしまうためどうにかしたい!と思われた方もいらっしゃるかと思います。

Instagramの生年月日に嘘を入力したらどうなるのかについてご紹介していきます。

Instagram側は、嘘の生年月日を入力するユーザーへの対策として、AIを利用した新しいシステムを開発しています。

例えば、友達から送られた「お誕生日おめでとう」などの投稿から年齢を推定します。

将来的には、年齢が設定した生年月日と一致しない嘘を入力していたとAIが判断した場合、そのユーザーに対して年齢確認のメニューを表示するようになります。

AI技術も進歩してきていますし、嘘の入力をしないようにした方が良さそうですね。

 

Instagramで生年月日を間違えた場合の変更方法

嘘を入力したつもりがないのに、生年月日を間違えて入力してしまった!という方もいらっしゃるかと思います。

ご安心下さい。入力を間違えてしまっても後から変更することが可能です。

但し、13歳未満の生年月日を入力してしまった方は異議申し立ての必要がある場合がありますので注意して下さい。

Instagramで生年月日を間違えた場合、プロフィールを編集→個人の情報の設定→誕生日の順にタップすれば生年月日を変更することが可能です。

InstagramとFacebookアカウント連携をしている方は、InstagramのFacebookで更新から生年月日の変更を行なって下さい。

 

 

Instagramの生年月日間違え時の異議申し立て方法とは?

Instagramから生年月日入力を求められた際に、誤って13歳未満で入力してしまいブロックされてしまうユーザーが急増しています。

そのアカウントのブロック後から30日後にアカウントが停止状態となり、異議申し立てによる復旧が不可能となってしまいます。

そのためアカウントがブロックされた場合は、30日以内にブロック画面に表示される異議申し立てからブロック解除の依頼をする必要があります。

ブロック画面で異議申し立てをタップし、画面の案内に従って本人確認書類を提出して下さい。

提出書類をもとに、Instagram側で審査が行われ「ブロックの判断に誤りがあった」と認められた場合にアカウントが復元されます。

生年月日の審査に時間がかかる場合がありますので、必ず異議申し立てを行う際には入力内容に誤りがないか確認のうえ行って下さいね。

 

 

まとめ

  • Instagramでは、2019年12月よりアカウントの登録時に犯罪防止目的のため生年月日の入力が必要となった。
  • ほとんどの国で13歳未満の子どもにInstagramのアカウント作成を禁止している。
  • 20歳以下で登録しているアカウントに対しては、アルコールやタバコなど法律で禁止されている商品の広告は表示されないようになっている。
  • 16歳未満が新規でアカウントを作成するとデフォルトで非公開設定になる。
  • 2019年12月以前からアカウントを持っているユーザーは、生年月日を登録するまでは、他のユーザーの投稿やストーリーを見ることができない。
  • 生年月日を間違えて入力してしまっても後から変更することが可能。
  • 誤って13歳未満で入力してしまうとブロックされてしまい、さらに30日が経過するとアカウントが停止状態となり異議申し立てによる復旧が不可能となる
  • 異議申し立てからブロック解除の依頼を行うと、Instagram側で審査が行われブロックの判断に誤りがあったと認められた場合はアカウントが復元される

Instagramで生年月日を入力することの必要性がお分かりいただけましたでしょうか?

近年は、SNSでの犯罪も増加しているためこのような対策があると若年者も安心して利用することができそうですね。

その反面、うっかり13歳未満で入力してしまった方はお困りだったと思います。ブロックされた方は、アカウントの復活ができましたでしょうか?

この記事が、皆さんのInstagramライフを充実させるものとなれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました