メルカリ購入品をキャンセルしたい!購入者都合のキャンセルのやり方

生活お役立ち情報

不用品を気軽に売り買いできるメルカリはとても便利ですよね。

欲しいものを安く手に入れることができるので、私も良く利用しています。

メルカリでは欲しいものを見つけた時、購入ボタンを押して出品物を購入しますが、出品物を見ている時に間違えて購入ボタンを押しそうになってしまったことはありませんか?

また、購入した後に不要になってしまうこともあるかもしれません。

このようにメルカリで購入した後にキャンセルすることは可能なのでしょうか?

購入者都合でキャンセルする場合、どのようにすればよいのでしょうか?

今回はメルカリ購入品を購入者都合でキャンセルする際のやり方を詳しく解説します。

 

 

メルカリの購入品をキャンセルすることは可能

結論からいうと、購入者都合でキャンセルすることは可能です。

メルカリの公式ガイドでは「キャンセルは、出品者・購入者の双方でお話し合いのうえ合意された場合や、取引相手の対応がなく取引の進展が困難である場合に行うことが可能です。」と記載があります。

なので、購入したものをキャンセルする場合は出品者に丁寧に事情を説明し合意を貰う必要があります

また、購入者都合でもキャンセルすることができると書きましたが、キャンセル理由が自分勝手な迷惑行為とみなされるとメルカリ事務局からペナルティが発生する可能性があります。

ペナルティは利用時間制限や強制退会などの措置がとられることがあります。

なので、購入者には誠意をもって謝罪の言葉を添えたうえで、キャンセルの合意を得るようにしましょう。

 

 

メルカリ購入品をキャンセルする場合の購入者都合について

購入者都合のキャンセル理由はどのようなものがあるのでしょうか?よくあるキャンセル理由は下記があげられます。

  • 購入したが必要なくなってしまった、または間違って購入した
  • 購入額を準備できず支払いができなくなってしまった
  • 出品者が購入品を発送してくれない
  • 届いた商品が破損していた

キャンセル理由は様々ありますが、キャンセルを申し出る場合はなるべく早く出品者に申し出るようにしましょう。

 

 

メルカリ購入品キャンセル時の購入者都合による理由説明例文

メルカリ購入品を購入者都合でキャンセルする場合、出品者への説明はどのようなメッセージを送ればいいのでしょうか?

どのように説明すればよいかわからないと戸惑いますよね。

キャンセル理由を説明する例文を紹介するので、参考にしてみてください。

<例文>

この度購入させて頂いた○○と申します。

大変恐縮なのですが、このお取引をキャンセルさせて頂きたくご連絡いたしました。

【キャンセル理由を説明しましょう】

私の勝手でご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。

ご了承いただけましたら当方より事務局へ連絡させていただこうと思います。

お忙しいところお手数をおかけしますが、ご返信いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

このようにキャンセル理由を丁寧に伝え、出品者の合意を貰えるようメッセージを送りましょう

 

合意が取れた後のキャンセルのやり方

キャンセルの合意が取れた後はメルカリにキャンセルの申請をしましょう

出品者からもキャンセルすることはできますが、購入者都合でキャンセルする場合は、なるべく購入者がキャンセルの手続きをするようにした方が親切でしょう。

ステップ1 キャンセルする購入品の商品をコピーする

商品IDは取引画面に記載があるので確認してコピーしましょう。

ステップ2 お問い合わせから申請する

メニューから「お問い合わせ」の項目を選択します。

そのあと「お問い合わせ項目を選ぶ」→「トラブルがあった」→「購入者側」または「その他のトラブル」→「お問合せする」を選択します。

問合せフォームが出てくるので、商品IDの入力と購入者側を選択し、キャンセル内容を記載します。

内容にはキャンセル理由と出品者と合意済みということも記載するようにしましょう

記載が終わったらフォームを送信すればキャンセル申請は完了です。

キャンセル申請が受理されると、メルカリ事務局が手続きをしてくれるので、完了メッセージが届くのを待ちましょう。

 

 

まとめ

  • メルカリでは購入者都合でのキャンセルは可能
  • キャンセル理由が自分勝手な迷惑行為である場合、ペナルティが発生する可能性がある
  • 購入者都合でキャンセルする場合は、出品者にキャンセル理由を説明して合意をもらう必要がある。
  • 購入者理由のキャンセル理由は様々あるが、キャンセルしたい場合はなるべく早く出品者に連絡する。
  • 出品者にキャンセルの理由を伝えるときは丁寧に伝えるようにする。
  • キャンセルの合意が取れた後は、メニューの問い合わせからキャンセル申請を送信する。

購入者の方からキャンセルを申し出るのは勇気がいりますよね。

キャンセルをしなければいけなくなってしまった場合は、丁寧に出品者に理由を説明してキャンセル手続きを進めましょう。

キャンセルの仕方に悩む方に今回の記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました